フリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 新世界の七不思議!

<<   作成日時 : 2014/06/13 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私は七不思議という言葉は、まだ幼い時代に漫画で読んだが、ただ
面白いという感じだけで、余り特別な興味を持ちませんでした。でも、何回もこれと同じ話題の雑誌で読んでいました。中3年の頃が最後で後は興味がわかなかった。

でも、つい最近ネットに出ていてアレッと昔を思いだして読み始め、こんなに詳しく書いてあるとは知らなかった。

七不思議が古代から未来までネットに詳しく書いて有ります。

皆様に見てもらおうと、思う一瞬でブログに書いてみました。楽しくて映像が面白いです。

いろいろ有りますが、全部面白いものばかりで、選ぶのに苦労いたしました。

では、楽しく最後まで読んでください。




古代の七不思議

ビ古代エジプト,バビロニア,ギリシャは科学の盛んな地域でした。なかでも建築学は当時の科学技術の集大成とも言えるものでした。そういった背景から驚異的な建築物が称えられるようになりました。これが「世界の七不思議」の始まりです。
実際に七不思議の概念が確立されたのはビザンティンのフィロの著書「世界の七不思議」からだとされています。現在では,古代の七不思議というと下記の7つを指すのが一般的です。下の各項目をクリックすると詳細を見ることができます。ザンチウムのフィロが残した古代世界の驚異的建造物のリスト。


新世界の七不思議
後新世界の七不思議は,古代の七不思議以後の驚くべきものをリストアップしたものです。これには決まったリストはありません。世界中のどこからでも、自然物から目的不明の人工物まで選ぶことができます。対象範囲が広すぎて困ってしまいますね。
そこで少年時代に親しんだ本によく出てきたモノを中心に選んでみました。「(古代)世界の七不思議」に登場したものは外してあります。下の各項目をクリックすると詳細を見ることができます。世


現代の七不思議
現現代の七不思議は有名な建造物のリストではありません。私たちが見聞きする話の中から,不思議だと感じられるモノをリストアップしたものです。不思議なウワサ話のリストというところでしょうか。決まったリストは当然ないし,ヨタ話の混入も避けられない。
 
「七不思議」という言葉が一人歩きして行き着いた世界を見て下さい。ここでも少年時代に親しんだ本によく出てきたモノを中心に選んでみました。おなじみの顔ぶれ,ネタとしては古いモノも混じってます。


七不思議の不思議
七不思議に関するあれこれのページです。
古典的七不思議と、現代の七不思議は分けて考える必要があるかもしれません。どちらもおもしろい話ですが・・。
また古典的七不思議とジャンル的にかぶっていて気になる関係の世界遺産についても少し調べてみました。
 











この不思議が私の心にのこりました、とても手頃だと思い、実物を再現してみました。

  







右手をマウスでクリックしてください。。ごゆっくりどうぞ?



http://www002.upp.so-net.ne.jp/sgun/nana/naN00.html


















  












 


 




























 
<超速七不思議(新世界編)>
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新世界の七不思議! フリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる