フリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 尖閣諸島!

<<   作成日時 : 2014/06/28 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

尖閣諸島私はこの問題に興味を持ったのは、まだ竹島日本領土問題が解決していないしが日本に中国政府が資源・エネルギー開発油田として日本と駆け引きをしていたころ竹島に
保安官を駐在させるとか、色々問題がニュースで取り上げられていました。

わたしはこの問題が終わったか、まだ解決していないかは知らない。
でも、また中国・韓国・台湾・が日本領土尖閣諸島のエネルギー開発をめぐって
争っています。

なぜ、日本領土をめぐって中国・韓国・台湾が小さなエネルギーを狙っているのか
余りにも、馬鹿らしいとしか、思えない。

理由は中国・韓国・台湾・もう昔のお国ではないこと。軍隊・国民・マスコミが日本と同じ事件をテレビ・マスコミが、国民に流していることだ。
でも、なぜ尖閣諸島をめぐって日本と対決しなければいけないのだろう?

竹島・尖閣諸島の油田・エネルギーはどれだけあるのか、まだ発表されていない。
私にはここまだしかわからなかったので、インターネットで調べてみました。
政治的背景,領土権などでてきました。

習主席は米国が日本・インド・ベトナムなどを引き込んで中国を包囲しようとするとして、ウクライナ事態で対立を生じさせているロシアとの協力を強化している。習主席とロシアのプーチン大統領は20日、アジア相互協力信頼醸成措置会議(CICA)首脳会談で、中国の領土紛争とウクライナ事態についての米国の介入を放置しないという意味を込めた共同声明を発表した。また2018年から30年間で計4000億ドル規模の天然ガスをロシアから輸入することにした。中国としてはエネルギー需給を安定化し、ロシアとしてはウクライナ事態の余波でロシアからのエネルギー独立を推進する欧州の代わりに安定的な輸出先を確保することになった。

旧ソ連の栄光を再現しようとするプーチン大統領は、中国との協力を通じて米国・西側の制裁を無力化させて米国の国際社会の影響力を牽制している。ウクライナの領土だったクリミア半島を合併したプーチン大統領はウクライナ東部地域をウクライナから分離独立させようとしているとの疑惑を受けている。クリミア半島合併はロシアの民族主義に火をつけ、プーチンの権力基盤を一層強固にした。

このような状況で米国の影響力が以前には及ばないというのが問題だ。アフガニスタン・イラク戦争と2008年の金融危機などで財政が枯渇した米国のオバマ大統領は、シリア・ウクライナ事態に消極的に介入して同盟国に米国がいつまで自分たちを保護できるかとの疑問を抱かせた。サウジアラビアのトルキ・アル・ファイサル王子は27日、フィナンシャルタイムズとのインタビューで「オオカミ(ロシア)が羊(ウクライナ)を食べようとしてしまうのに、これを救う羊飼い(米国)がいない」と指摘した。オバマ大統領は「アジア重視政策(Pivot to Asia)」でアジア内の影響力を維持しようとするが、中国はオバマが中国を封じ込めようとする意図を持っているとの疑いを抱いている。オバマが先月日本を訪問して尖閣諸島を米?日安保条約対象だと宣言するとすぐに中国は激しく抗議した。

ズビグネフ・ブレジンスキー元米国国家安保補佐官は「オバマ大統領が外交政策で正しい見識を持っていると信じているが、これを外交戦略に転換させることができない」と分析した。安倍首相は1月のダボスフォーラムで「今年は第1次世界大戦100周年になる年で、当時英国とドイツが互いに最も大きな交易相手国であったにもかかわらず戦争が勃発した」として「日本と中国が武力衝突する場合、両国はもちろんアジアと世界に途方もない衝撃を与えるだろう」と警告したことがある。

 政府は27日、内閣府で開いた領土・主権の対外発信会議で、領土問題の対外情報発信をさらに強化する方針を決めた。尖閣諸島(沖縄県石垣市)や竹島(島根県隠岐の島町)に関し、中国、韓国がプロパガンダ(政治宣伝活動)を通じ対外的に領有権の主張を強めているのに対し、日本は小粒な対応にとどまっていることから、従来の取り組みを大胆に見直す構えだ。

 山本一太領土問題担当相が会議で「中国軍機の異常接近や韓国の射撃訓練があった。日本の正しい主張を強く押し出す必要がある」と表明した。

 具体的には、ワシントンやロンドンなどの世界的に影響力があるシンクタンクに政府関係者を派遣して働きかけを強めるほか、安倍晋三首相のフェイスブックなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用し、政府の情報発信能力を高める考えだ。

 会議では、政府の情報発信分野の平成26年度予算の執行状況を分析した。

 内閣官房の領土・主権対策企画調整室がホームページをリニューアルして尖閣諸島や竹島の写真を多用した事例や、外務省が領土問題の動画を投稿サイトにアップした取り組みなどを報告。ただ、海外のシンクタンクやメディアを通じて官民一体で領土に関する情報戦を仕掛ける中韓の取り組みに比べると“小ぶり”との印象は拭えなかった。









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
尖閣諸島! フリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる