フリー

アクセスカウンタ

zoom RSS TORA!TORA!TORA!

<<   作成日時 : 2014/07/15 19:30   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

東アジアが欧米の植民地になり始め、日本も危なくなり大陸に進出し

資源を求め朝鮮・中国対し、朝鮮併合そして中国と日清戦争を始めました。


国際連盟でアメリカ欧米を中心として、日本国に経済処置をとられました。

そして日本は欧米諸国に反発し、堂々と国際連盟を脱退し大陸に進出し始めました。

さらに満州事変をお越し満州国を設立し満州鉄道を開通しました。

ロシア革命で国を追われたロシア人なども満州「に逃れてきました。

時に日本は二つ、満州国の関東軍・日本本土の日本正規軍の二つになりました。

私は学生の時「リメンバーパールハーバー」を習いました。そして昔はDVDを持っていました。


日本国の山本五十六はアメリカに戦争ではアメリカには絶対勝てない、確信をして居ました。

アメリカが日本よりすべてが有利であることも知っていました。

しかし、日本国の東条内閣はアメリカに勝てると思い始めました。

そこで山本五十六はアメリカに勝てる戦争はしばらく考えました。

最後の・そして初めてのアメリカ勝てる、真珠湾奇襲戦争でした。

これが、真珠湾攻撃アメリカ人の合言葉「リメンバーパールハーバー」です。

以下アメリカ映画「TORA!TORA!TORA!」を思いだしました。


アメリカから見たハワイ真珠湾攻撃です。楽しいと思います。




もう第二次世界戦争が終わって半世紀以上がたちます。

真珠湾攻撃は日本海軍の機動艦隊が北海道の択捉島の単冠湾から10日以上もかけて延々と北太平洋を横断して行った作戦です。途中で敵に見付かったり、通信を傍受されて日本の艦隊の位置を測定されたり攻撃の意図を知られたりするとまずいので、機動艦隊の無線は封鎖されました。真珠湾攻撃実行までにいっさい無線通信は行っていません。

こまかい連絡事項はすべて出撃前に聯合艦隊司令部と打ち合わせ済みで、聯合艦隊からも機動艦隊へ出した無線通信は一回だけ、それが「ニイタカヤマノボレ1208」だったのです。その意味は、「計画通り12月8日午前零時をもって攻撃を行え」という最終確認の命令でした。もちろんこれも出撃前に暗号として定められたことです。

これを「12月8日、午前零時をもって真珠湾を攻撃せよ」と普通の言葉で通信して、それをアメリカが傍受したらとんでもない事になりますね。アメリカは準備万端待ち構えていて日本軍はやられてしまいます。だから暗号にして連絡したのです。当時はすべてトンツーのモールス信号でしたが、それもモールス信号で「ニイタカヤマノボレ1208」と打ったのではなく、それを更に数字の暗号にして打ちました。

当時アメリカは日本の外務省の暗号は解読していましたが、日本海軍の暗号はまだ解読に成功していなかった。従ってもしこの暗号電文を傍受しても単なる数字の羅列。なんのことかさっぱり分かりません。更に、もし暗号を解読出来たとしても「ニイタカヤマノボレ1208」?なんの事だ、これは?だったでしょうね。せいぜい12月8日に何かあるのかな?程度くらいしか分からなかった。ただし、この電文はアメリカ海軍は傍受出来ませんでした。


http://www.youtube.com/watch?v=09OCU4ZWIXk


トラトラトラは、太平洋戦争の始まりである日本軍の真珠湾攻撃が奇襲により開始されることを伝えた電信の暗号略号である。本来はモールス符号「・・―・・ ・・・」を繰り返すものでトラ連送とされた。意味はワレ奇襲ニ成功セリ。真珠湾攻撃時には攻撃隊長・淵田美津雄中佐の搭乗する九七式艦上攻撃機から第一航空艦隊司令部(旗艦:空母「赤城」)に宛てて発信された。
真珠湾攻撃は、奇襲の場合(敵の防御が効力を発揮する前に攻撃可能であると空中指揮官が判断した場合)には艦攻による対艦攻撃を先行させ、強襲の場合には艦爆による対空防御制圧が先行させる計画になっていたが、「ワレ奇襲ニ成功セリ」はこの前者を指す電文となる。
従って、これはあくまで攻撃が奇襲によって開始されることを示すものであり、攻撃そのものの成功を意味するものではない。
由来については、奇襲成功で雷撃機先行の場合には「突撃」+「雷撃」で「トラ」連送、強襲で急降下爆撃機先行の場合には「突撃」+「急降下爆撃」で「トキ」連送という区別であったという説が広く存在している。

http://www.youtube.com/watch?v=YRfPcnlMYtU

http://www.youtube.com/watch?v=YRfPcnlMYtU















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TORA!TORA!TORA! フリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる