フリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アベノミクス」

<<   作成日時 : 2014/08/15 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自民党が再び政権とり、首相に安倍総理が始まり、苦しい内閣から、大がかりな
政治が始まりました。

安倍政権も国民生活になじんで大きな期待がかかるようになり注目するようになりました。
安倍首相はどのような政治をするか期待していましたしそれが「アベノミクス」です。
「アベノミクス」とは、何を意味しているか、なにを使用としているのか注目しています。

辞典・インターネットで色々調べ、政治によるインフレと成長戦略のことです。

以下、自民党の切り札「アベノミクス」です。

安倍政権は、経済政策が注目されていますが、良く聞く言葉に
「アベノミクス」というものがあります。

アベノミクスというのは、アベノミクスのアベはもちろん
安倍総理の「アベ」です。アベノミクスのノミクスというのは、アメリカ
でレーガン大統領が行った経済政策が「レーガノミクス」と呼ばれ
ていた事から、アベノミクスとなったのではないでしょうか?

このアベノミクスの意味は安倍政権が行おうとしている経済政策の
総称ということになります。

アベノミクスでは、デフレからの脱却の為に、インフレターゲットを
設定し、お金を大量にすって、量的緩和を行い、一方で大型の
公共投資を行うという政策を意味していまます。

選挙の前から安倍総理が盛んに主張していました。問題発言となり
ましたが、建設国債を大量に発行して、それを日銀に引き受けさせる
という意味の事もいっています。

このからくりは、通貨を大量に発行することによって、円の価値が下
がり円安に誘導され、インフレになるという理屈です。

実際に、選挙前から、次期総理の可能性が一番高かった自民党総裁
である安倍氏が主張することで、為替が円安傾向になり、株価も上昇
するという現象が起きました。

就任後も、その傾向は続き、株価も1万円台を回復し、年初来高値を
つけて、2012年は終了しています。アベノミクスに対する期待の高さ
を伺わせます。


実際に、円安になれば、輸入品の価格が上昇し国民生活を苦しめる面が
あるのは間違いありません。

アベノミクスが期待されている内に本当に景気が回復し雇用が増え、給与が
上昇すれば、本当のアベノミクスの意味があったという事になります。

アベノミクスでは、インフレを起こそうとしています。
インフレとは、物の値段が継続的に上がることです。この反対、物の値段が継続的に下がることをデフレといいます。
安倍政権になるまでは、日本はデフレ状態にあると言われていました。
デフレというのは、年月が進めば価格が下がるということです。すると、液晶テレビが30万で今売っていても、来年は10万で買えるかも、と思う人がでてきます。こう考えると、「今は買うのをやめておこう。」となり、消費が行われず、景気が悪くなってしまうのです。
だから、インフレにして、今液晶テレビが30万だけれども、来年は50万になっているかもしれない、と人々に思わせれば、「今買わなきゃ」ということになり、消費が行われ、景気がよくなる、と安倍政権は考えているのです。

https://www.youtube.com/watch?v=GTU-PYLo9DY



第一の矢:大胆な金融緩和

そこで、じゃぁどうやってインフレを起こそうか、ということになります。
結局のところ、国民の皆にお金がいっぱい入ってくれば、インフレになるわけです。
もし、あなたが今の10倍のお金が毎月入ってくるとしたら、10万円の腕時計でも買ってみようかなと思いますよね売れすぎれば、企業は「もうちょっと高くても売れるかな」と思いますから、今10万円の腕時計を100万円で売り始めることでしょう。そうすれば、物の値段が上がっていく、インフレになります。

だから、社会にお金をどんどん流そうというのが、第一の矢、大胆な金融緩和です。実際、国がどうやってお金を流すかというと、銀行にまずお金を渡すのです。そして、その銀行が企業や個人にお金を貸すことによって、社会にお金をまわしていきます。また、国が本気でお金を流せば、皆が「本当にインフレになるかもしれない。」と思い、「今のうちに投資したり、消費したりしたほうが得だ。」という精神的な変化も促せます。
しかし、企業は今投資をしたとしても、すぐにお金を得られるわけではありません。
そこで、企業がお金を継続的に得られるようになるまで、別の方法でもお金を社会に流す必要がありますね。、

第二の矢である、機動的な財政出動です。

別の方法でどうやってお金を回すか、というと、公共事業です。公共事業というのは、国が、道路を作ったり、堤防を作ったりすることです。道路を作るためにはセメントを作る企業や土木工事を実際に行う企業など様々な企業が関わるため、経済的な影響が大きいと言われています。(国土強靭化計画:公共事業を見つめなおしてみよう)

先の大震災もあり、防災や復興のために公共事業を行おうとしています。
ただ、国の財政は無限大ではないので、いつまでも大規模な公共事業を続けられるわけではありません。
早く企業がお金を稼げるようになって、従業員にお金を回してもらわなければなりません。そこででてくるのが、


第三の矢:民間投資を喚起する成長戦略

そして、最後に放たれる矢が、成長戦略です。どうやってこれから日本はお金を稼いでいきますか、ということです。規制緩和をしたり、大学に海外の人を呼び込み、イノベーションを起きやすくしたり、ベンチャー企業を支援したり、様々なことをやっていきます。
この成長戦略がうまくいって、日本の企業がお金を持続的に稼げるようになれば、賃金の上昇、雇用の増加ということとなり、景気が回復する、ということを安倍政権は目論んでいるのです。
※上記の考え方は、もちろん批判もたくさんあります。一つの考え方である、とご理解ください。

























テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「アベノミクス」 フリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる